So-net無料ブログ作成
地域・社会 ブログトップ
前の10件 | -

さびしいが、、、 [地域・社会]

昨夕から寒さ増す厳しい風が吹き雪も降った、今日は早朝に起床し雪かきをした。
今日は義兄の五七日です、七七日には予定されていた祝い事があり納骨を早めました。
朝早く家族は、道路から小高い地にある墓地までの道の除雪をされておりました。
午前中に家族兄弟等の身内と菩提寺の住職さん、それに墓石屋さんの協力のもと無事納骨が出来ました。
さびしくなるが、、、納まるところにおさめることが出来たと話されました。

まだまだ寒さは厳しいですね、体調管理にも気を配りましょう!


nice!(35)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

も少しだ、、、? [地域・社会]

 旧北上川河口、、、太平洋へ

1828hiyori.jpg

今年のこの節は異常だ!
九州に降る雪の報道を見てなんでここ東北は少ないんだと妻との会話、そして北陸地域での異常な降雪の日々、、、動けぬ国道の自動車、、、懸命な除雪作業によりようやく通行できるようになったとの報道に昼夜除雪等に関係された方々の労に感謝です。
あれもこれもと、、、気にかかること多いのに動けぬ事情が重なるものですね。
今は自粛しながらの行動です、、、。

  原発再稼働に反対です!


nice!(52)  コメント(5) 
共通テーマ:地域

外も内も、、、 [地域・社会]


雪のまだ降る前の21日、義兄の葬儀を終え夜帰宅した。なにかと留守電を確認、「21日午後逝去した」との、、、。
私が他市からこの地へ新築転入して来た時からお世話になった隣組の96歳のじいさんだ。老夫婦の二人で暮らし、数年後に「震災時要避難支援者」として市に申請登録し私が支援者となるからと登録した。2011年の大震災後に愛妻を無くし一人暮らしとなった。子どもは他市で住居を構えている。
私はほとんど毎朝行き、コーヒーを御馳走になりながらその日の予定を聞いたり世間話をしたり見回りをしていた。じいさんも一日に何回か私宅にも来た。一昨年の秋から痴呆が進み、入院、施設入居となった。入居後は一回のみ面会出来たがその後は禁止となった「知人が来ると、家へ帰りたがって困るから」、、、と。あれから一年数カ月のこと。

昨夜の通夜、今日の葬儀等に参席して来ました、、、世はほんとうに無常です

ご訪問出来ずにいます、、、。

 

外にも内にも、大寒波が来ています。

nice!(55)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

当分、、、休みますよろしく [地域・社会]

 15日義兄が享年91歳にて逝去された。


 病室ではあったが義兄を看取ることができました。


 葬儀の21日まで見守っていきます。


nice!(21)  コメント(5) 
共通テーマ:地域

新成人~ [地域・社会]

 静寂な元日の参道から

asahim18.jpg

日本で新成人123万人(2018年1月1日時点で20歳)、総人口(1億2660万人)の0.97%ここ8年連続で1%切り年々減少にあるそうです。ここ宮城県では2万3724人で総県民(232万1863人)の1.02%で前年より134人の減少だそうです。近隣では石巻市1427人、東松島市420人、女川町123人の新成人を迎えた。

今年も1月5日に県内トップを切って石巻市の桃生地区で成人式があり、多くの市町では7日、8日に行われました。

新成人からは、次のような誓いが語られた。

・震災からの教訓を胸に自覚と責任を持って出発したい。

・社会の担い手として希望あふれるまちづくりに努力して行きたい。

・支えてくれた皆への感謝を忘れずに今度は支える側として成長したい。

東日本大震災時は中学1年生だったそうであの時の恐怖は強烈に胸に刻まれているそうです、それだからの思いが地域への思いをいっそう強く感じられます。                                 
 原発再稼働に反対

 

 



nice!(47)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

新年おめでとうございます。 [地域・社会]

 明けましておめでとうございます。
18-nanten.jpg
今年も健康に留意して出来ることを無理せずに行動していきます。
よろしくお願い致します。

nice!(53)  コメント(32) 
共通テーマ:地域

来年もよろしく! [地域・社会]

 ありがとうがざいました。

じゃこ171215.jpg
今年もあと一日となりました。
一年は速い、、、歳を重ねるとそうなんだよと、、、と言われます。
「期待」と「怒り」の一年になりました。
野党の大躍進を願ったのに野党の分散と敗北、、、そして、あってはならない「原発の再稼働」、、、。
東日本大震災からの復興に懸命の当市で特に小中学校統合の新築がありました。
仮設住宅から復興公営住宅への引越し、集団移転地の引渡しと新築移転もありました。
新年への期待は大きいです。
皆さん良い新年をお迎えください。
来年もよろしくお願い致します。2017年12月30日 えんや

nice!(41)  コメント(32) 
共通テーマ:地域

2017年 地元の10大ニュース [地域・社会]

 今年もあと数日、地域紙主催の2017年「あなたが選ぶ10大ニュース」が決まりした。

     北朝鮮ミサイル発射に戦々恐々
ここでは8月29日と9月15日に太平洋側に弾道ミサイルが発射され、全国瞬時警報システム(
Jアラート)が鳴り響きました。当市では住民避難訓練がありました。

     リボーンアート・フエステイバルに26万人
現代アート作品や音楽、地元食材などを通して石巻市の魅力を発信するこの「フエステイバル」が市内中心部や牡鹿半島を会場に7月22日~9月10日まで開催された。

     コバルトーレ女川がJFLに昇格
11月24日~11月26日に千葉県市原市であった全国地域サッカーチャンピオンズリーグで優勝。クラブ創設12年目にしてアマチュア最高峰の
JFL昇格を果たした。

     いしのまき元気いちばがオープン
民設民営の観光交流施設として6月30日に石巻市中央にオープンした。1階は鮮魚や水産加工品、地元の特産品、2階はフード形式のレストラン。

     航空祭が完全復活

東日本大震災以降中止となっていた航空自衛隊松島基地の航空祭が8月27日に7年ぶりの復活を遂げた。地元・全国からのファンら4万3千人が来場。

     サンマの不漁続く
女川を代表する魚・サンマの水揚げが不調、11月以降は安定した水揚げとなったが豊漁とはならず。

     超大型台風21号猛威振るう
10月23日午前に石巻地方に最接近、記録的な大雨により一部地域に避難勧告が発令、また半島部で土砂崩れが発生。農水産物被害が約7億6000万円。

      石巻・東松島市で市長選
任期満了で4月にあり石巻市長選には現職、新人の計4人が立候補し現職の亀山紘氏が3選を果たした。東松島市では新人3人が立候補、元県議の渥美巌氏が初当選。

      石巻からプロ野球選手誕生
10月26日のプロ野球ドラフト会議で東北学院大学野球部4年の鈴木遼太郎投手が北海道日本ハムから6位指名された。石巻市からは20年ぶり。

     渡波中、宮野森小、雄勝小・中に待望の新校舎

 東日本大震災で被災した小中学校の新校舎が相次いで完成した。

 まだまだ震災の傷は癒されないここ石巻地域です。仮設住まいも未だ続く被災者もいます、、、被災住宅の撤去された跡地は未だに更地にもなっていないところもあります。復旧・復興へと海岸添えでの工事は休みなく続いています。


nice!(43)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

新規制と再稼働! [地域・社会]

 講演する館野氏
館野17-1216.jpg

先日、「核・エネルギー問題情報センター事務局長」である館野 淳氏の勉強会に参加して来ました。テーマは「女川原発の安全は保障されるでしょうか」です。主催は「女川原発の再稼働を許さない石巻地域の会」で新規制基準と軽水炉型原発のそれぞれの問題点をあげての学習となりました。今、東北電力女川原発2号機は新規制基準のもと再稼働へ向けての規制委員会での審査中にあります。先ず、新規制基準として新設されたテロ対策等もあるが、設計基準を超える事故SA・シビアアクシデントといい:設計規準事象を大幅に超える事象で想定された手段では制御することがでない、すべての安全装置が無効で人の手で収拾するより外に対応のない事故状態)の発生を認めての対策を加えたことです。その対策として、「放射性物質の拡散抑制対策」、「格納容器破損の防止対策」、「炉心損傷防止対策(複数の機器の故障を想定)」です。今、行われている数ある対策のなかで「フイルター付のベントの取付け」や冷却用の「代替循環冷却装置」の設置が義務付けられたことから、これらをも設置し再稼働への審査申請となっています。代替循環冷却装置(柏崎刈羽原発:東電で設置)で炉心破損の防止を図り、ベントまでの時間を延ばす。また、建屋内に「静的触媒式水素結合器」を設置することにより水素濃度が上昇を押さえ燃焼爆発による放射性物質の放出・拡散防止をし、この間にベントをする(女川は19台設置)。また代替注水車、電源車、送水車等の「可搬型」施設を多用するとしている。しかし、軽水炉はいったん冷却機能を喪失すれば、熱制御の極めて困難な「欠陥商品」であり、それ故SAが発生すれば最悪の場合数分で炉心溶融となる「このような事故が起こり得ることを前提にした原発を認める」ということに関して国民の合意がなさていない、これは新基準の最大の問題点だと言われた。また、参加者からは「半島の住民はベントすれば、放射性物質のなかを然も原発の脇を通って避難することになる」。また「代替循環冷却装置は機能するのか」、「可搬型施設は地震等の自然災害時にうまく稼働できるのか」などが話された。適合性には「どれだけ安全ならば十分に安全か?と言う」言葉があるが、適合性審査の本質はこれらに答えず現実的な立場から、技術的、経済的に困難な問題を回避して、再稼働最優先でことを運んでいるのではないかと。                             

 原発再稼働に反対です!


nice!(48)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

JFLおめでとう!コバルトーレ女川 [地域・社会]

 いま咲く、、、ブロッコリーの花
hana201712.jpg

コバルトーレ女川は平成184月にアマチュアサッカーチームとして誕生し、女川町を拠点地として活動しJリーグ加入を目指して来た。宮城県東部の牡鹿半島基部に位置する女川町は、漁業を中心とした港町です。東北電力の女川原子力発電所(1,2、3号機あり震災後全機停止中)がある地でもあります。近年は高齢過疎化が進み、地域の活性が大きな問題となっていました。特に若者が少ないことで、主産業である漁業も衰退し、町から活気が失われていくことが懸念されていました。そんな状況に歯止めをかけようと立ち上げられたのが「女川スポーツコミュニティー構想」で、スポーツを中心に町を活性化し、若年層の人口を増やしていくというビジョンが掲げその推進的役割を担うべく、「コバルトーレ女川」が発足したのです。そのため、チームには「地域貢献」という大事な使命があります。サッカーを中心とする活動で町を元気づけることが、クラブの存在意義です。選手やスタッフは町の清掃やお祭りへの参加、サッカースクール運営、保育所への訪問サッカー教室など様々な地域の活動にも携わってきました。また、選手たちは日中地元の企業で仕事をすることで、地域に貴重な労働力を提供することも期待されています。

あの2011年3月11日東日本大震災、震源地に最も近い町であった女川は津波に甚大な被害を受けました。コバルトーレ女川もクラブハウスと選手寮が全壊したものの、選手は全員無事でした。そんな状況だからこそ動かなければいけない、気持ちはいっそう1つになったそうです。選手の多くが勤務していた水産加工会社は奇跡的に被害を免れ、震災直後納品予定だった商品全てを非常食として避難所に届けた。震災9日後には工場が再稼働し、選手たちはかまぼこを生産して町内の避難所に配布しました。また、女川町全体が断水していたため、給水車で町中を走り、被災者に水を配って回りました。

そして被災町民にチームは震災後、活動を中止していた選手たちにサッカーをやってもらいたいと、町が一体となってチームの活動再開を後押ししてくれたのです。

震災以降人口が1万人から7,500人まで減少した女川町。

設立当時から描いていたJリーグ入りという目標。それは、未曾有の震災を経ても崩れることはなく、女川町が一体となって目指す大きな目標に変わりないないものでした。そして、去る11月26日全国地域サッカーチャンピオンズリーグ決勝ラウンドの最終戦にも勝利し無敗でアマチュア最高峰の日本フットボール(JFL)へ昇格を決定付けました。設立12年目での喜びと「町への恩返しが出来た」との選手たちの声にもろ手を挙げて住民は答えていました。

JFLでの大活躍、そしてJ3への昇格を期待したいです。

 原発再稼働反対!



nice!(52)  コメント(6) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 地域・社会 ブログトップ