So-net無料ブログ作成
検索選択

勇気ある教科書検定の撤回を! [政治]

 「集団自決 軍の関与、、、」の記述が教科書から削除されたことから去る29日沖縄で教科書検定
 の撤回を求める県民大会が11万人が結集して開催された、、、本土復帰後最大規模の。

 「教科書から軍の関与を消さないで下さい。  あの醜い戦争を美化しないでほしい。
 
  たとえ醜くても真実を知りたい、そして伝えたい」、、、
 
 高校生もこの問題を考えていることを知ってほしい、、、との願い・思いを2人の高校生は訴えた。

 日が経つにつれ、この沖縄県民の怒りと、沖縄戦での多くの体験者の事実に基づく訴えは
 消せない実体として大きく映し出された。

 沖縄の歴史の真実を変えようとする政府に対する県民の怒りは治まることはない、
 それでも文科省が否定するのならば改めて証言を集めるという。

 政府は動揺してきている、勇気を出して撤回すべきだ、、、事実は隠せないのだから、、、。


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

広島・長崎で首相は変わったの? [政治]

今年も広島、長崎での原爆投下からの平和記念式典がありました。
もう62年にもなった、、、しかし後を絶たない被災者、、、間接的な被爆者がいます。
救済の手は届いていません、

 いったい誰の責任で被爆者になったと言うんでしょうか?
決して誰かに頼まれたり、ましてや自分から望んで被爆したんではないでしょう、、、。
軍国日本の犠牲者、、、です、すべての責任は国にあります一人の被爆者も残さず救済するのが国でしょう。軍事費を削減して、、、救済して下さい、私はそう思います。

 安部首相は「原爆症認定基準の見直し」をすると言いました、しかしことはどうでしょうか?
昨日10日に原爆症認定を求めての訴訟での判決に認定を不服として国は控訴しました、9日に首相が見直すと言ったばかりなのに、、、。

そしてあの式典で安部首相は「今後とも、憲法の規定を順守し、国際平和を誠実に希求し、非核三原則を堅持していくことを改めてお誓い申し上げます」、、、と言いました、、、先の参議院選挙での憲法の「改正」や集団的自衛権の行使、、、から、、、あれれっ安部首相は何時から憲法擁護、平和主義者になったんだと、、、?、、、思いませんか?

それなら、憲法の規定をしっかりと順守してもらいましょうね、、、非核三原則をしっかり守り、世界に向かって核廃棄へ活動を憲法9条をかかげながらやって欲しいですね、、、。
これこそが被爆国、、、日本の世界平和への活動ではないでしょうか。


明日は還暦・憲法を! [政治]

明日は憲法施行され60年、、、還暦である。いま安部政府はこの平和憲法を変えようとしています。
人類史上に於いて、略奪と殺略、戦争の繰り返しは決して正義と平和のためだったのでしょうか?
歴史は繰り返えされる、、、と聞きますね、日本に四季があるように確かに時は、、巡り、、、また、、、来た、、、と言えます。

でも、人類の歴史は時季と比較すべきものではありません、螺旋状に、、、繰り返される発展課程のなかで、昨日の過ちが活かされ明日への前進の糧にと教訓の積み重ねを繰り返えされて来たと思います。

人間の生活を豊かにしたい、そして少しでも自分の家族が、、、国民が、、、という思いが、今この地球を泣かそうとしていると思います。

イラクをはじめとする中東、、、人間が人間を憎み恨み、殺し合い、互いの家族・家庭をそして社会をも破壊させています、進歩発展のない現状に満悦している一塊りの人間の浅ましいさが今世界を襲っているといえましょう。

2007年7月の参議院選挙で「私の内閣で改憲を成し遂げる」と訴えた安部総理、、、押しつけられた憲法だ、、、時代に合わなくなった、、、日本の伝統に合わない、、、から、、、という、、、

私は、国民主権を謳い平和主義を遂行するこの憲法は、日本の宝、、、世界遺産にしたいと思う、、。
何時買ったか分からないが私の本棚に、シンプルながらどっかと座を占める一冊の、、、本があります、その名は「日本国憲法」です。過去にも何度か読みました、、、一字一句を、、、大切に、大切に、、、

日本国憲法 前文に
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。
、、、二度と家族を引き裂くことの無いように、たった一度の人生で殺し合いをしないように、人間が人間を憎み恨むことのないように、、、と思います。

日本国憲法 (1982年)

日本国憲法 (1982年)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

拉致は未解決です [政治]

http://www.so-net.ne.jp/news/cgi-bin/article.cgi?gid=mai&aid=20070308i414



相変わらずの北朝鮮の「拉致は解決済み」とのかたくな姿勢、、、当然に予想された「日朝」作業部会の出発点だったと思います。拉致被害者家族にとっては、長い長い暗闇を進むなかでの一条の明かりがあの「六者協議」の合意だったと思う、、、この場は焦らず「拉致問題」が解決してはいない」ことを北朝鮮が認めその非の解決ための一歩があるまで、日本政府の揺るぎない交渉を願いたい、、、。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あなたの責任? [政治]

夕張から店を閉め引っ越していったと新聞、、、
夕張市が、観光のもと、いわゆる「はこもの」をつくっての財政破綻。その維持管理はただでは無いことは十分過ぎる程知ってたことでしょう。建設にあたっての市と議員、それに携わるいろんな業者、波及効果を期待する人びと、して一度はのぞいて観ようと思ってた市民、、、過日のTVでその破綻には、市民にも責任があるとあった。
住み慣れたまち、生まれ育ったまち、働いたまち、想い出のいっぱいあるまち、、、を離れなければならない人々何よりも、再建の名の下に行政サ-ビスがカットされ、また市民の負担増が計画されてるそうで、、、特に養護老人ホ-ムの廃止や共同浴場の廃止は痛いですね、手っ取り早く弱者へのサービス廃止が図られる
ようですね。
責任が市民にもあった? 選挙時に議員たちはこれらのことを市民に報告していたのでしょうか?
どうにもならなくなってのこの様でしょう?
国も県も市も議員も、、、選んだのは私たち国民、県民、市民です(すべては責任があるんですよ)?次の選挙でしっかりと責任をとろうとおもいますね?


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自民・公明の次の手は? [政治]

さて、いとも容易に教育基本法が「改正」されました、
ほんとにこれで良いんですかネ?
1947年戦前の反省の上に教育の理念として「個人の尊厳に基づく教育、、、」をかかげ戦後の教育基本法は施行されてきました。
歴代(約50年間)の内閣が出来なかったことを安部内閣(自民・公明党)は留任4ケ月で「改正」させた。
また、防衛庁の「防衛省」への格上げ、、、何故これほど迄急いでしなければならなかったのか?

私たちがのぞむ急いでやって欲しいのは

「いじめ」「未履修科目」などの学校問題、年金医療福祉と高齢者、ニート・フリーター、パートと正社員、、、など生活と健康といった身近なことをと思うのだが?、、、
政府自民党・公明党には通じないかも、次は憲法をかえるためのライン引きにかかるのかもヨ?

私は思う、、、どうだろう次の選挙で決着を付けよう、、、と。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北朝鮮は? [政治]

9日北朝鮮が「地下核実験」をしたと報道された。日本は勿論中国韓国は驚きと同時に今後の対応で苦慮か?更なる実験の可能性もある今、さきの実験が証明されれば国連での厳しい決議と制裁があるだろうが?。
独裁国家だから、、、では理解されないことが多い国家ではあるが第2次大戦後の地域と歴史がつくった国家だと私は思う。
北朝鮮はどこへ行こうとしているのか?「核保有国」として軍事優先で国際舞台へ? それとも、融和と開放を目指して180度転換しての国家へ?
ここまで来た国だ必ず変化があると思われるのだが、今後を凝視していきたいと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新総裁の「美しい日本」とは? [政治]

自民党総裁に安部氏がマスコミの報道通り選出された。「美しい日本」をつくるとは、中身が見えない・聞こえてこないのだ。
今、目の前の現実は、自分を生んで育てて呉れた親に感謝しつつ合わせた手でその親を子が生活苦・そして介護疲れ(肉体的・精神的・経済的要因)から「殺」したり、子供が親を「殺す」、親が子供に「暴力」をふるう、学校では「いじめ」がある、生徒が「先生に」暴力をふるう、高校を卒業しても「職場」がない、大学を卒業しても職場がない、いや職に就けないのだ。また、今フリーターとかニートと言われる「止まり木」?があるらしい。
 おら~こんな国いやだ~、、、ではすまされない、
私の美しい日本!それは、思いやりのある・助け合いの気持ちを持った人間で溢れる人々がいっぱいる社会だと思う。
その為の教育(愛国ではない)を、学校・家庭・地域・マスコミ・メデイアを一体となった人づくり・国づくりのなかから実現される思うが、新総裁は、「美しい日本」とは、何を、、、と?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感