So-net無料ブログ作成
検索選択

続・・・憲法「日本の青い空」を観て [社会]

今日の朝日新聞に「改憲論盛り上げに躍起」、、、07年参議院として4面にありました。
安部総理が「憲法改正」を参議院選の争点に掲げている今、立候補予定者への勉強会の計画・方針を出したとのこと。
自民党の憲法調査特別委員長である中山太郎は「、、、国民投票法成立で歴史的な60年に1回の大変革を起こした、今度はみなさんが国の形を決める権力者になる」と大阪での報告会で訴えたとか?

先の「国民投票法」での与党の強行採決、、、が、戦争をすることが出来る国、、、美しい日本、、、を築く土台づくりの一つとして置かれたことが日増しに感じられます。

映画「日本の青い空」制作委員長でありプロデユ-サ-である小室皓克氏は 「戦後の60年もの間、かろうじて戦争をすることなく歩んでくることができたのは、この”平和憲法”があったからこそです。」、、、と言ってます。この映画は、1口10万円2000口の目標で市民の協力のもと制作資金を集め、、、つくられたそうです。

ジャ-ナリストの筑紫哲也氏は、日本歴史には、聖徳太子の十七条憲法と明治帝国憲法、そして戦後の出発点となった現憲法の三つがあった。然しどれも主人公である国民がつくった憲法は一つもない、これらはどれも押しつけだ、、、「押しつけ度」が低いのが現憲法だ、、、帝国憲法に抗して、、、自由民権運動、、、の思想を鈴木安蔵の介在によって現憲法に流れ込んでいる。、、、
この国の行方を本気で考える素材として「日本の青空」をみましょう。、、、唯一、国民が加勢した憲法だ。

作家の澤地久枝氏は、この国の政治は、時間が経つと白を黒にすりかえる。その最たるものが憲法であり、安部内閣のタ-ゲットはとくに憲法九条、なかでもその二項だ。
、、、遠くなった憲法草案作成の議論と歴史の時間がよみがえってくる、、、

この現憲法・平和憲法があったからこそ日本は一度として戦争することなく今日まで来られただ、、、。
戦争のための軍隊、装備、武器、施設、、、等の膨大な金遣いがなかったから、その分経済の発展にむけられ今日の日本を築いて来たんだ、、、
憲法を「改正」し戦争が出来る国、軍隊を持てる国、、、となったら、、、どう変わるんだろう? 背筋が寒くなります、、、止めます。

一人でも多くの人がこの「日本の青い空」を観てくれますように、、、。


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 5

 私は どちらかというと憲法改正賛成論者ですが、最近の与党、自民党ですが、やり方が強引さが目に余るものがあります。
 ああいうやり方を続ける、今の彼らに改正してほしくないです。
by (2007-06-10 08:57) 

えんや

marewaさん 憲法改正のみならず、国民の同意を得る為の努力、、、国民が手にとって見、考え、判断し、、、意思決定する、、、こんなプロセスがあってしかるべきでしょう、、、。
数で押し切り決議して、国民から支持され与党になっているだから、、、では、ちょっと違うんじゃない、、、ですよね、、、。
今のやり方が正当・当然とする与党では日本はアジアからいえ世界から無視されて行きそうではありませんかね?
by えんや (2007-06-10 21:05) 

yokonozo

現在の憲法の理念を変えるための改正は、
すでに改正ではなく、改正をこえたものであると
ある憲法学者が新聞投稿していました。
アタシはこれに拍手を贈りたい。
憲法学を学んだはしくれとして、もっともっと訴えていかねばならぬと思っていますが、
主たる憲法学者たちは、オモテに出てこない。
ほとんどがあつかってもらえないのです。
最近のオモテに出てくる憲法学者はほとんどが御用学者で、政府寄り。
偏っていると思うのです。

みなさんが憲法にもっと注目してくれるように、
えんやさまを見習って、小さな声であっても書き続けていきたいと考えています。
by yokonozo (2007-06-10 22:05) 

yokonozo

連投ゴメンナサイ。
今回、トラックバックさせていただきましたので、
よろしくお願いいたします。
by yokonozo (2007-06-10 22:32) 

えんや

yokonozo さん ナイス・コメントありがとうです。
憲法学を、、、とのこと鈴木安蔵氏を
人間が現実・時としての今を知ることが出来るのは数年後だと聞かされたことがあります。それほど私たちは今を過小に、そして狭く自分に都合良く解釈してるってことでしょうね。実際の今は、ここより遙か先方を行ってるってことでしょう。このことは、政府・与党は憲法「改正」後の日本・取りわけ軍隊を持ち軍需産業があり・徴兵制度をもった国を作っているのかもしれないってことです。一人でも二人でもいい現憲法・平和憲法の真の姿を語り話し合える場をつくっていきたいものですね、、、。
by えんや (2007-06-11 23:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1