So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

もんじゅ、、、よさらば! [地域・社会]

 秋空はどこへ 相変わらずの天候~どうしたんだよ!

シュウメイ菊.jpg
夢の原子炉、、、高速増殖原型炉「もんじゅ」が廃炉に向けて見直すとされた。
これまで1兆410億円もの血税を使い、今は運転もしていないのに毎年200億円前後の維持費がかかっていると言う。廃炉に向けての決断は遅すぎた、、、1995年のナトリウム漏れ事故からすでに20年、、、運転されたことがあっただろうか?
核燃料サイクルは「維持」すると国は言う、、、溜まり続けるプルトニウムをどうしようと考えてるだろうか?国際社会はいっそう厳しい目で監視するだろう。
地元曰く「、、、国策を応援してきたのに、、、協力なんだったのか、、、」と、ここにも良き「原発ムラ」があったのだ。むしろ「福島第一原発事故」後のいまを見て「あ~よかった、これで地元からの事故を避けられるかもと、、、」の言は出ないだろうと思うは私のみか、、、。これは「もんじゅ」の廃炉は原発の廃炉に向けてのいい機会としてみんなで検討しましょう。 
原発はいらない、子どもや孫たちのために!


nice!(32)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

天候が~ [地域・社会]

  名月も見られなかった、、、今年

DSCN9882.JPG


どうも天候が異変だ。
あんなに暑い真夏日が続いていたのに、台風の然も東北北海道に上陸といった例年にない異変があった。

例年ならお盆時には、白菜・大根等の種まき植え付けをするのだが今年は暑さが厳しくできなかった。その後天候は雨が多い9月なって天候の合間になんとか大根の種まきができ芽も出した。しかし、ポットに撒いた白菜やブロッコリー、キャベツ等も本植え出来るほど育っているがまだ植えていない。それは雨降り日が多く畑の準備が出来ずにいるから、、、多くの農家や楽しみに野菜作りに励む人々を困らせている。

私は昨日、なんとか堆肥を入れ白菜を植えるばかりに畝づくりをして来た。今日はまた小雨降る一日となった、予報では明日は雨だ。いつ植えられるか、、、。



nice!(51)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

福島・廃炉に関する「安全確保協定」締結 [地域・社会]

 カリンの果実が日増しに大きくなっています~

DSCN-884.JPG

福島第一原発の廃炉に関する安全協定は東電と県、立地2町だけで結ばれてあったが、先の原発事故の影響が広範囲に及んだことから、福島県は周辺市町村を対象とした新たな協定の策定を進めていた。そして9月1日に立地の大熊町、双葉町を除いた、周辺11市町村と県はトラブル発生時の迅速な通報連絡を行うことなどを定めた「安全確保協定」を東電と締結した。また施設の新設や廃止時には事前に説明することを義務付け、立ち入り調査を可能とする規定も盛り込んだそう。何が起きるか予測出来ないことが予想される廃炉作業、、、情報は密に確かなものであって欲しいと思う。浪江町の馬場町長は「原発事故時は通報などに関する協定がありながら何の連絡もなく広域、分散避難を強いられた。協定をしっかり履行してほしい」と求めたとあった。隠ぺい改ざんに強いる東電、しっかりと履行してほしいですね。
孫子のために「原発再稼働反対! そして 原発は廃炉を!」

nice!(56)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

広域避難訓練から [地域・社会]

台風10号よ、どうする気だ!

DSCN-886.JPG

27日原発の過酷事故を想定(福井県の高浜原発)して「広域避難訓練」が実施された。

主催は国、福井、滋賀県、京都府と兵庫県の関西広域連合で約150の関係機関や原発30キロ圏(UPZ)の住民約9000人が参加し、福井県の約230人が兵庫県に避難し国内の原発訓練での県外避難者は最大規模となったとの記事があった。要は去年12月、政府が了承した広域避難計画の実効性を確認することをも目的だった。県外への避難は最大130キロあったそう。屋内退避訓練には福井、京都住民の約6000人参加あり。
避難中継地では避難者全員へのスクリーニングや車両の除染作業を実施された。福井県の西川知事は「訓練に大きな問題はなかった」との会見、、、本来主となる自家用車での避難は数人のみだった、、、。本来の想定と異なり「訓練に現実味がない」との不満もあったと。
政府の避難計画了承は事実上、再稼働手続きの一環となっているとあった。

本来の30キロ圏(UPZ)住民はいくらなのかは知らないが、6000人・9000人どころではないでしょう。避難所・中継地でのスクリーニングにも、どれだけの測定器と測定とスタッフが配置されるのか、その場所は十分確保されるのか、渋滞はないのか等々検証を要することが多々出されたはずである。「訓練に見落しがなかったか、排除・無視されたものはなかったのか」避難者目線での検証をし問題点を抽出し報告・発表して欲しい。すべての30キロ圏(UPZ)の避難訓練での更なる検証のため活かしたいと思う。政府が2016年度2次補正予算案に3億円ほどの調査費を盛り込む方針を固めたとの報道が去る23日あった。原発再稼働を進めるための「アメ」なのだろうか?

高浜3、4号機は6月に運転を差し止めた大津地裁の仮処分決定に対する執行停止の申し立てが却下されており、この17日には4号機(プルサーマル)の核燃料を取りだす作業があり終了している、また3号機は9月に核燃料の取り出しの予定。今回の広域避難訓練から国は、福井県・関西電力は、そして多くの住民は「原発の再稼働」をどう見てるのでしょうか?

多くの・すべての孫子のために「原発の再稼働反対!そして原発は廃炉を!」です。

nice!(46)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

19日を、、、 [地域・社会]

 やっぱり19日や~続けないとです。

DSCF0001.JPG

台風7号の通過ありで庭の鉢植えの花の転倒あり、、、結構傷ついたのもあるが、、、大丈夫でしょう。

今日は「19日」だ、安保法から「南スーダン」への自衛隊の派遣も増加、、、殺傷沙汰にならないとと望むが?

「憲法9条を守る、、、戦争への道はつくらない」、、、暑いなかでの呼びかけに参加して来ました。


nice!(48)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の5件 | -