So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

市長候補者に~ [地域・社会]

ここ宮城県東松島市で任期満了から市長選(告示4月16日、投票日4月23日)に3人が立候補を予定されています。3人に対して市内の退職教員有志が教育行政への考えや女川原発の再稼働など6項目の質問書を送付、記述形式で今月の31日までの回答を求めています。

質問は ① 学校の現状をどのように把握しているか

    ② 学校教育で一番力を入れたいこと

    ③ 30人学級について

    ④ 市独自で解決できない施策への県や国への働きかけ方

    ⑤ 女川原発の存在と再稼働について

    ⑥ 教育に関して選挙で訴えたいこと

有志代表は「行政のトップとして立候補予定者の教育に対する施策などの考えを聞いて、投票したい」とあります。

予定候補者は県議員(69歳 自民党)、市議で行政書士67歳)、市議・会社役員(63歳)の3人です。

震災から統廃合(4校が2校へ)1小学校新築完成と今後新築予定。

また統廃合で2校が1校となり中学校は新築中です。

当市全体は女川原発からほぼ30キロ圏内(UPZ)にあります。福島原発事故から放射線に汚染された廃棄物もあり、再稼働に反対する市民は60%を超えています。

質問書は今後の市のトップリーダーの思いを知ることが出来大いに関心を持っています。

     原発はいらない! 再稼働反対!! 


nice!(38)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

見られるかな? [地域・社会]

津波に襲われ枯れた木々、、、住宅は無い、、、、、
oohama.JPG
 

「石巻日々新聞」という地域の新聞に「石巻の今を全国へ」との記載がありました。

NHK総合番組で午後1時50分から生放送されるそうです。東京をキーステーション東北と各地を中継し被災地と全国をつなぎ関わり続けるヒントを探ると。石巻市中央での仮設屋台村の様子や若者たちでにぎわう店舗を紹介、また震災時に新聞社が発行した「壁新聞」を紹介するそうです。見られましたら見て下さい。


nice!(47)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

地盤隆起から~ [地域・社会]

 庭の福寿草が咲きました~

fukujyu.jpg

国土地理院が2月28日に東北沿岸部の水準点を変更した。地理院が公表した新基準点によると、石巻の鮎川で30cm、気仙沼で24cm隆起があったそうです。これに伴い宮城県内では建設未着の約90ケ所で工事の見直しを行うそうです。防潮堤建設は全体380ヶ所が計画されており4分の1を占め防潮堤の整備に遅れが出ることになるとのことです。あの大震災で地盤が沈下があり、従来の2倍前後の高さの建設を始めたが震災後地盤が少しずつ隆起してき「防潮堤が高くなり過ぎる」との声が出て来ていた。

以前、港での船からの荷役作業への影響が出ていた下記から
http://enya697.blog.so-net.ne.jp/2016-07-17

  危険な原発 そして原発再稼働反対!   




nice!(44)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

震災教訓に防災用品を~ [地域・社会]

庭のマンサクが咲いてきました~ 

石巻市の専修大学、石巻工業高校、梱包資材会社の今野梱包が連携して強化段ボール使った防災用品を開発した報告会が同大学で17日にあった。先ず構想・企画、設計・解析、試作・評価等を高橋智准教授から説明があった。あの東日本大震災時に避難所での不便を知った高校生や大学生の経験から3者が連携したものづくりプロジエクトをつくり考案・制作した作品で避難所用の「暖かくフイット感のあるスリッパ」「コンパクトに折り畳み出来る椅子と台座」「プライバシーの観点から開閉可能なブラインド窓のあるパーテーション」「水の入ったタンクや荷物を運べる台車」が発表された。非常に完成度が高く思いを形にされているとの評価があり今後改良を加えて商品化をめざすとのことでした。ぜひ完成され広い地域で防災備品として活用されることを期待します。
 原発はいらない、、、再稼働はもってのほかです!!!




nice!(40)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

プレハブ仮設住宅~ [地域・社会]

 復興住宅建設は進む
AOI-1.jpg

2011年3月の東日本大震災での被災からプレハブ仮設住宅は29団地に1727戸が建設され入居率98.6%だった。あれから5年、防災集団移転や災害公営住宅建設事業の終了や被災者の自主的再建などからこれらの仮設住宅からの退去が進んだ。現在の仮設住宅は26団地1585戸で入居戸数は283戸で入居率17.9%にまで減少している。仮設住宅の供与入居期間6年で間もなく終わる。一方「特定延長(2018年3月まで)」の対象が約190戸あるそうです。市では今後防災・防犯などの理由から2ケ所に集約する予定だそうです。少なからずの住民は、職場の喪失と再就職、家族の被災・高齢、住居地の喪失、自主再建の困難等から地元を離れた世帯もありました。復興の道はまだまだ、、、遠いと聞きます。でも、後退はない前進する以外に生きられないと友は言います、、、それ以外にないですね。

 

原発はいらない、、、再稼働はもってのほかです!!!


nice!(41)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の5件 | -